祭屋台・山車・神輿について



祭屋台の作業をさせて頂くのは浜松・有限会社小池工務店 棟梁とのご縁がきっかけでした。当時、棟梁と、お付き合いのあった漆塗り・金箔加工の職人さんが高齢化し、困っていたところ、偶然仕事の依頼を受けました。

そして、私達の仕事を気に入って頂き・・・

「俺の作った山車・屋台には、全部この”本物の仕事”をして欲しい!」

と思っていただいたところから始まります。こうした信頼関係を裏切ること無く、今後も精進してまいります。

 

私どもの仏壇産地の歴史は400年ほどになります。国の伝統産業の指定を受けて約40年を越え、技術、技法、後継者を育成しながら頑張っております。この経験を生かし、屋台・山車・御神輿の修復作業や新装飾のお手伝いをさせて頂いております。当社では長い歴史を刻んでいく街の宝ですので使用材料・技法をよく吟味して施工することが大事だと考えます。

漆と言っても日本産・海外産もあります。価格と技法・材料のバランスを考えて提案します。これらの作業は棟梁との共同作業で進めます。こちらの連携も長年の経験を活かし、他社にはない連携がとれます。この効果はすぐには目に見えませんが、経験値の少ない業者には絶対に真似はできません。



※以前あった 電話での問い合わせ時の内容を一部紹介します・・・

「螺鈿細工をとにかく安く加工できないか?」という請負業者様からの問い合わせでした。「可能ですがどういった内容でしょうか?」と、尋ねるとどうやら、祭屋台の修理とのこと・・・・

 

螺鈿材料は本物を使えば高額になりますし、蒔絵のような転写シールを使用すれば格段に価格は抑えられます。漆を使用する場合の中でも作業工程により価格は変動しますし、ウレタン塗料を使えば材料代も安くなります。ですが、ウレタン塗装は耐用年数が未知数です・・・

よく施主様と相談することを進めました。

「ウレタン塗装を説明せずに使用したら、施主さま(実行委員の方はもちろん町の方)の思いを裏切るような事態になりますよ」と念を押すと・・・「ガチャン!!」と電話は切れました。